芸能関係者が選ぶ扱いづらい女優2トップとは・・・?


 

近年、芸歴10年未満の俳優たちが大活躍している。

 

しかし、人気の影につきまとうのはアンチの影・・・。

 

人気が出れば出るほどアンチが増えるというのは仕方がないことなのだが、アンチが目立ってしまうと、イメージダウンである。

 

そんな中、アンチが多いと話題になっているのが女優の広瀬すずである。

彼女は、以前交際していた男性との2ショットプリクラが流出したり、ジャニーズ事務所所属のタレントとただならぬ関係だと噂されたりしてきた。

また、日本テレビ系バラエティ番組『しゃべくり007』では、ピンヒールを履いて足元をふらつかせながらの登場では、「ピンヒールを履いたことがないので・・・」とコメント。

しかし!!!その1年前にイベントでヒールを履いてランウェイを歩いていた広瀬。

そんな広瀬にネットでは「あざとい」と非難が殺到したのだ!!!

 

また、最近アンチが急増した女優といえば、そうmiwaである。歌手として活動するmiwaであるが、最近では坂口健太郎と映画で共演。

その坂口との絡みが、坂口ファンを怒らせた!!!

 

だが、二人とも現場での評判はとてもいい。

 

やはり世間からみたイメージと実際は違うみたいだ。

 

そんな業界関係者だからこそ語れる真の扱いづらい女優はほかにいるという。

 

1一人目は、女優の二階堂ふみ。彼女は、数字を重視するドラマへの出演はしない。映画出演がメインだ。さらに、その映画も台本をまずもらってから面白いと思ったらオファーを承諾するなど、女優として自分の名前に傷がつかないよう人生設計を立てているらしい。しかし、そんな二階堂には「何様のつもりだ」「大物気取りか」と現場スタッフたちからは嫌がられている。

 

そして、2人目。それは平愛梨である。彼女は、現場の評判は良いものの、プロデューサーに対する接し方とADに対する接し方を明らかに変えるらしいのだ。さらに、長友と交際していると売り込んだのは平サイド。交際する前から交際していると売り込み、既成事実をつくった。さらに、番組ではラブラブエピソードを披露するなど、幸せアピールが甚だしいと現場スタッフからは不満がもれているというのだ。

 

どちらにせよ、『あざとい』女性というのは周りから煙たがられ、嫌われるのかもしれない。

さらに、プライドが強すぎる女性も男性からしたら扱いづらい存在に思えてしまうのかも。女性のみなさん、気をつけて!!!

▼次のページへ▼
▼今注目の記事▼






▼スクロールでみんなのコメントチェック▼
↓この記事を読んだあなたにオススメ↓