亀梨和也・山下智久のユニットは山下救済ユニットだった!?


?

 

今年の4月から、久しぶりの亀梨和也主演のドラマが、土曜22時~の枠で放送される。

21時からは『嵐にしやがれ』となり、嵐にしやがれが22時から21時にお引っ越ししたのだ。嵐にしやがれの視聴率をキープしつつ、その視聴者が亀梨のドラマを見てくれるという流れを作るためだのだろうか・・・。

 

それはさておき、亀梨主演のドラマには、なんと驚くべき共演者が決まった!!!

 

その共演者とは・・・

 

そう、山下智久である!!!

 

この2人のことを覚えている人も多いはずだ。

 

大ヒットドラマ『野ブタをプロデュース』で共演し、ドラマの役名である『修二と彰』でCDも出し、そのCDも大ヒット!!!当時、2人の振付を踊ることが社会現象にまでなっていたほどだ。

そんな2人が、またしても今回のドラマでユニットを組み、曲を出すというのだ!!!

 

しかし、なぜこの中途半端なタイミングなのだろう・・・。

 

それは、山下の人気陰りに関係しているという。その真相は・・・?

 

山下は、NEWSから脱退後、ソロでのリスタートを切った。

しかも、SMAPを育て上げた敏腕マネージャー飯島氏のもとでドラマ出演も多く果たしていた。

 

だが、人気は右肩下がり。出演するドラマの視聴率も低迷していった。

 

『アルジャーノンに花束を』では、主演は務めるが最高視聴率が8%台と視聴率は最悪だった・・・。そんな山下は、思うようにいかない仕事に対して不満を抱えていたという。それがストレスとなり、親友の赤西仁と共に夜遊びを繰り返した。その結果、路上で一般人グループとトラブルになり、写真を撮ったグループの1人の携帯を持ち去って山下は書類送検された。

 

そんな事件後、山下のシングル発売は叶わなかった・・・。

 

仕事がうまくいかなかったのは、山下のキャラが定まってなかったことも原因とされ、今山下はアイドルとしてもタレントとしても窮地に立たされているのだ!!!

 

そんな山下を救済するべくして、ジャニーズ事務所が立ち上がった。

 

しかし、事務所も事務所で山下の扱いには困っているらしい。それは、辞めていった飯島氏にプロデュースされていたからだ。

事務所の幹部の中には、山下を快く思っていない人もいるという。

 

亀梨自身は、以前山下と深い溝があったものの、今では山下とB’zのLIVEやアメリカのロサンゼルスで行われたグラミー賞授賞式にも2人で行っていたほどだ。

 

プライベートでも仲良くなった2人が再び大ヒットを打ち出すことができるのか、4月からのドラマに注目だ!!!

 

▼次のページへ▼
▼今注目の記事▼






▼スクロールでみんなのコメントチェック▼
↓この記事を読んだあなたにオススメ↓