MOCO’Sキッチンに苦情殺到!!!速水もこみちも困惑・・・その原因とは?


    

 

日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』内の料理コーナー!『MOCO’Sキッチン』。

大人気コーナーだが、現在苦情が殺到中!!!だというのだ!

 

なぜそんな苦情が出てしまったのか・・・。

 

その苦情とは、MOCO’Sキッチンの名物ともなっている『オリーブオイル』が原因であった!

視聴者から、「オリーブオイルの量が多すぎる」と非難殺到。

 

紹介する料理によっては、オリーブオイルをまるまる一本使い切るものもあった。

 

BPO(放送倫理・番組向上機構)は2017年3月8日、17年2月に視聴者から寄せられた意見の概要を公式サイト上で公表した。その中では、BPOに先月届いた全1713件の視聴者意見のうち20件を抜粋して紹介している。そこで取り上げられたのが、次のような意見である。

 

「朝の情報番組に、人気俳優の出ている料理コーナーがある。そこで使われているオリーブオイルの量は、料理一品に対して多すぎるのではないか。」

 

「そもそも、(オリーブオイルが)安価で簡単に手に入るものなのか疑問だ。視聴者の健康や家計などに配慮するべきではないか。」

 

と、オリーブオイルを大量に使うことによる健康被害や家計への負担を心配する声が相次いだ。

 

しかし、その一方で2011年4月の放送開始から速水がオリーブオイルを高い位置から大量にかける場面は人気で、調理中にもかけていたオリーブオイルを調理後の仕上げにもかける「追いオリーブ」という造語ができるほどだ。

また、速水がプロデュースした1本450グラム入りで5250円のオリーブオイルは、即完売。

苦情殺到の裏で、コーナーのファンも多いということがわかる。

 

そんな速水のオリーブオイルの使い方は、BPOに苦情が届いた17年2月の放送でも「ド派手」だった。

とくに17年2月27日放送の「もこみち流 イベリコサラミとシュリンプのベジタブルピラフ」というレシピでは、具材を炒めるためにオリーブオイルをフライパンにたっぷりと。その量はすさまじく、焼くというよりも「揚げる」という表現が近いほどだった。

BPOは、今回のことに関して

「どの意見を抜粋して紹介するかの基準は公表していません」と説明。

一方、日本テレビは取材に対し「広報部の担当者が不在」とだけ回答した。

人気が上がれば、アンチも増えるように、視聴者が多ければ多いほど苦情も殺到するといった感じだろうか。

速水のトレードマークと言ってもいいほどの『オリーブオイルパフォーマンス』。これが見れなくなるのは少しさみしい・・・。

今後はオリーブオイルだけでなくいろいろなものを上からかけていけばこんな苦情も出てこないかもしれない。

 

▼次のページへ▼
▼今注目の記事▼






▼スクロールでみんなのコメントチェック▼
↓この記事を読んだあなたにオススメ↓