俳優・福士蒼汰に公開処刑された超大物芸能人とは?彼の無意識な『罪』に現場は騒然!!!


?

 

2月15日、この日は元SMAP木村拓哉主演の映画『無限の住人』の完成報告会見が都内某所で開かれていた。

 

そんな会見で、記者たちがギョッとするできごとが起こったのだ!!!

 

それは、出演者が舞台に立ったときのことだった。

主演の木村拓哉の隣に立つ福士蒼汰・・・この男がやらかしてしまう。

 

福士自身は悪気はないし、気づいていないかもしれないが、客観的に見た記者たちは、衝撃を受けたのだ・・・

 

と言うのも、福士の顔が小さすぎて木村拓哉の顔がものすごく大きく見えてしまうと言うこと。

 

その大きさには、記者たちも目をみはるほどだったらしい・・・。

木村は、一般人の人よりも顔が小さい。そんな木村の顔が大きく見えてしまうと言うことは、福士の顔が小さすぎると言うことだ!

さらに、出演者の中には俳優の市原隼人もいたそうだが、彼も福士より顔が大きく見えた。木村ほどの顔の大きさではなかったらしいが、福士には顔の小ささは敵わなかったと言う・・・

 

悪気のない福士だが、先輩俳優たちの顔を大きく見せてしまう、福士マジックは怖いものだ・・・

 

また、彼の顔の小ささは仕事にも影響するらしく、芸能関係者は口々に、

「彼は舞台向きではない。フィルム向きだ」

と話す。

 

それは、今回の会見でも席にいた記者が感じたように福士の顔が小さすぎて表情が見えないからである。

 

表情が見えなければ、どんなにいい演技をしていても、後ろの席の人には伝わらない。

そのため、業界の人たちは福士にフィルムの仕事しか振らないのだという。

 

小顔は良いことだと思っていたし、羨ましく思う人もいるのに、そんな小顔が原因で仕事が制限されてしまうのは残念で仕方ない・・・

 

▼次のページへ▼
▼今注目の記事▼






▼スクロールでみんなのコメントチェック▼
↓この記事を読んだあなたにオススメ↓