嵐櫻井翔とエリート家族の?プライベート!!!溺愛される弟の就職先はやっぱり一流だった!?


1月のポカポカ日差しが暖かいとある日、東京秩父宮ラグビー場には大勢の人が集まり、歓声をあげていた。

何があったのだろう・・・

そう、その日は『日本ラグビーフットボール選手権大会』が開催されていたのだ。

そんな大衆の後ろの方の席で、ひっそり歓声も上げずただ黙って試合を見ている人物が・・・マスクをし、目立たないようにしているように見えたと目撃者は話す。

その人物とは・・・キャスターも務める超高学歴アイドル・・・嵐の櫻井翔である!!!

この大会、ラグビーの日本一を決める試合だけに、2万人もの観客が観戦・・・櫻井もキャスターの仕事として見に来たのだろうか・・・

しかし、関係者らしき人はだれ一人見当たらない。

そう、何を隠そう櫻井はプライベートで観戦に来ていたのだ!!!

と言うのも、櫻井は慶應義塾大学付属初等科時代にラグビー部に所属。ラグビーと言えば慶應は名門・・・そんな名門校で小学校時代ラグビーに明け暮れていたのだそう。

また、注目するのはそれだけではない・・・

櫻井の隣を見ると、しっかりした体つきの男性が座っているではないか。時折二人で会話する姿も見られる。

誰なのだろうか・・・少し櫻井にも似ている気もするが・・・

それもそのはずだ。それは櫻井の弟である櫻井修であったからだ!!!

櫻井修は、兄と同じ慶應義塾大学の4年生だ。今年の3月に卒業を予定しており、入社先はなんと長時間労働による過労自殺で話題となった大手広告代理店『電通』である。学内でも彼の就職先は話題になっていたらしいが、電通の内定式に顔を出すなどしたことから電通の入社は確実だという。また、弟の修は大学ではラグビー部に所属・・・小柄ながらも花園を経験した。

そんな弟を兄の櫻井翔は溺愛しているらしく・・・毎年お正月にはお年玉もあげているというのだ!!!歳が離れている分、可愛がるのだろう。

 

そんな弟も、兄を慕っているようで学校の合唱発表会では嵐の曲を歌ったらしい・・・

ラグビーを始めたのも、先に始めていた兄の姿を見ていたからかもしれない。

そんな良好な兄弟関係だが、櫻井翔は父親ともいい関係を築いているらしい。

 

父親は、元官僚・・・都知事選に出馬するのかと話題にもなった。結局自分はそんな器じゃないと推薦を断ったのだが、退職後三井住友信託銀行の顧問に落ち着いた。そんな父親だが、今は息子の櫻井翔が退職祝いとしてあげた数億円の別荘でゆっくり過ごしているという。

櫻井の妹も、日本テレビに就職した後、婚約し今は日本テレビを寿退社したというのだ。

絵にかいたような誰もがうらやむ家族にこちらとしてもほっこりしてしまう。

▼次のページへ▼
▼今注目の記事▼






▼スクロールでみんなのコメントチェック▼
↓この記事を読んだあなたにオススメ↓