充電期間中のKAT-TUNが活動再開か!?しかし「けじめ」として設けた充電期間が逆効果・・・彼らの活動再開は果たして・・・


 

 

「昨年末に放送された紀行番組で、中丸雄一(33)が個人活動について、“グループ活動の再開があると思ってやっているので、それに向けてエネルギーとか経験を身につけたい”と語っていた。

 

KAT-TUNは、結成当初6人組の不良グループとしてジャニーズでは今までになかった路線でデビュー。“赤亀”として赤西仁、亀梨和也がファンの半数を占めていたことから、2トップの2人がメインボーカル、その他4人がサブボーカルのような形で次々とCDを売り飛ばした。

デビュー当初は、将来SMAPの座につくのはKAT-TUNとされてきたほど事務所も力を入れたグループであった。

しかし、赤西仁がグループ脱退、続いて事務所を辞めさせられた形で田中聖が脱退、最後に田口淳之介も脱退・・・

当初6人であったグループは今となっては3人にまで減ってしまった・・・

そして、昨年ファンに申し訳ないというメンバーの気持ちから「けじめ」として「充電期間」に入ったのだ。

 

そんなKAT-TUNが今年春からまた再始動するのではないかと業界は騒いでいる。

と、言うのも日本テレビの土曜日10時からのドラマに亀梨和也の出演が決まり、その主題歌をKAT-TUNが担当するという。

3人で初めて出すCDに期待したいところだが・・・

 

ファンからは、困惑の声が。

 

昨年、充電期間中にもかかわらず亀梨と女優である深田恭子との熱愛スキャンダルが出てしまったからだ!!!

 

それに対してファンからは

“充電期間なのに、何をしているの!”

怒りの声が・・・。

そしてそれにより多くのファンが去っていってしまったのだという。

 

また、結成10周年記念の年に田口淳之介が脱退してしまったこと、充電期間に入ってしまったことが影響し、ファンが更に離れていってしまった。

 

そんなファンを呼び戻せることはできるのだろうか・・・

 

中丸や上田は、嵐の二宮や松本と同じ年齢にも関わらず、二宮や松本の仕事量と比べたら圧倒的に少ない・・・

 

今後、KAT-TUNが生き残っていくためには、個々のスキルアップや仕事量を増やしていかないと難しいのかもしれない。

 

そして、亀梨は自分のプライベートをとるのか、仕事や仲間をとるのか、決断が迫られる。

 

▼次のページへ▼
▼今注目の記事▼






▼スクロールでみんなのコメントチェック▼
↓この記事を読んだあなたにオススメ↓