香里奈主演ドラマ今期ワースト2! アドラー心理学会から抗議受けるも、香里奈が消えないわけ


香里奈主演のフジテレビ系ドラマ「嫌われる勇気」が第5話の放送回で

今期ワースト2となる、6.1%を記録した。

 

このドラマは、シリーズ累計180万部超の大ベストセラー「嫌われる勇気」を原案に、アレンジされた刑事ドラマだ。

 

岸見一郎と古賀史健の共著による「アドラー心理学」を解説した書籍を原案にしているにも関わらず、公式サイトにて10日、日本アドラー心理学会が一般的な理解とは大きく異なる見解を広めていると指摘し、放送の中止、または脚本の大幅な見直しを要求した。

 

香里奈といえば、2014年3月ベットの上での大胆な開脚写真をフライデーされたことで、開店休業状態となり、大幅なダメージを受けていた事でも記憶に新しい。

 

しかも、女優復帰した作品「結婚式の前日に」でも主演ドラマが大コケし、今回が女優としての再起をかけた作品なのだ。

 

だが、今回も香里奈主演ドラマが大コケ状態…

 

業界では主演ドラマが2回連続こけたら後がないとされているが、今回は現場でもそんな雰囲気に全くならないのだそう。

 

香里奈の相手役はキャスティングに口うるさいと業界内でももっぱらの話題のジャニーズ事務所所属の加藤だ。

 

実は、過去に何度もジャニーズタレントと共演をしている香里奈、ジャニーズ御用達女優の一人とも知られ、今後もジャニーズの機嫌を損ねなければ、女優としての生き残りは安心かもしれない。

 

更に、今までは現場でも横柄な態度をとっていたものの、フライデー事件をきっかけに、香里奈の態度がガラッと変わったというのだ。

 

入り時間よりも早く現場に入り、撮影にも真剣に取り組んでいる様子から、まさに背水の陣で挑んでいるといったところだろう。

 

フライデー以降仕事がなかった香里奈は、名は売れているもののギャラも安いことで知られ、視聴率は取れないものの、主演にこだわらなければ、使いやすい女優の一人にもなるだろう。

 

視聴率の低迷が続く今作、香里奈の気合のように「嫌われる勇気」は起死回生となるのだろうか。

 

▼次のページへ▼
▼今注目の記事▼






▼スクロールでみんなのコメントチェック▼
↓この記事を読んだあなたにオススメ↓