元アイドル松本伊代が謝罪会見!!!立ち入り禁止の線路内に立ち入り書類送検!書類送検は重すぎるとの声も・・・?


京都市内のJR山陰線の線路内に無許可で立ち入ったとして鉄道営業法違反の疑いで書類送検された松本伊代(51)が11日、名古屋市内でライブを開催し、集まった取材陣に対し「軽率な行動をとってしまったということで、ご迷惑をおかけしてしまいました。反省しています」と、涙ぐみながら謝罪した。

 

伊代は1月14日のブログに、早見優(50)と線路上を歩く写真を掲載し、ネットで批判が殺到。1月下旬に京都府警右京署が任意で2人に事情聴取し、鉄道営業法違反の疑いで10日に2人を書類送検した。

 

松本は、会見で「正直、他の人も入って写真を撮っていて線路がまっすぐ続いていてきれいだったので良いかなと思い撮ってしまった・・・」

と話している。

その足元にはしっかり立入禁止と書いてあるにも関わらず写真を撮り、SNSで投稿してしまったのだ。

しかし、専門家によれば線路内に立ち入っただけで書類送検には普通はならないのだという・・・

では、なぜ彼女たちは書類送検されてしまったのか・・・

それは、芸能人ゆえの宿命と言っても過言ではないほどの理由があった!!!

 

専門家は、彼女たちの今回の処分に対して「見せしめ」という表現を使った。芸能人だからこその罰則だったという。それを聞いた一般人の立ち入りがなくなるようにとの注意喚起の意味もあったのだ。普通では、線路内に立ち入っただけでは書類送検は重すぎるらしいのだが、芸能人だから仕方ない・・・

とここで話を終わらせて良いのか・・・

 

そんな簡単に刑罰を重くしたりできるのであれば、逆に軽くもできるはずだ・・・

芸能人だから一般人への見せしめとして刑罰を重くした・・・という話は通るのだろうか・・・

 

罪にあった罰を、芸能人・一般人関係なく裁いてほしいものだ。

 

しかし、今回の松本や早見が起こした事件について、芸能界からも厳しい声が聞こえる。今や、お笑いタレントとしてだけではなくご意見番としても注目される、ダウンタウンの松本人志は、冗談を交えながらも松本のことを厳しく批判・・・

 

「伊代ちゃんと亮(ロンドンブーツ1号2号)だけはSNSやったらあかんわ~」

 

同じくご意見番として再ブレークを果たした松本の夫でタレントのヒロミも、「いけないことはいけない」と、いつも妻にデレデレで優しい夫を封印・・・

ご意見番だけに、辛い立場だろう・・・

 

▼次のページへ▼
▼今注目の記事▼






▼スクロールでみんなのコメントチェック▼
↓この記事を読んだあなたにオススメ↓