元SMAP・中居正広が事務所から独立!!?元マネージャーとSMAPを取り戻す動きが水面下で動いている・・・?


昨年末に解散したSMAPのリーダー中居正広が、当時SMAPの担当マネージャーであり、解散の引き金にもなったI氏と事務所を設立し、ジャニーズ事務所を今年6月にも辞める動きを水面下で見せている・・・

 

「ジャニーズ事務所との契約は9月で終了するのですが、更新するか否かを問うのは6月です。ジャニー喜多川社長はメンバーたちの意思を尊重していて、“時期は本人たちが決めればいい”と話しているようです。つまりは6月に独立、新事務所への移籍が濃厚です」(テレビ局幹部)

 

と、某テレビ局幹部は話す。その影には、やはりSMAPをここまで人気にさせた敏腕マネージャーI氏の存在が大きい・・・

 

彼女は、もともとジャニーズ事務所の事務員だったという。細身の体に髪はショートボブ・・・オシャレにも気を使っていそうなスタイル。敏腕マネージャーと言わなければわからないどこにでもいる小奇麗にしている中年のおばさんだ。

 

そんな彼女も、今では中国の大手総合免税店の社長・・・

 

しかし、彼女はこれだけでは終わらなかった。

 

I氏は、自分の責任でSMAPを解散させてしまったと反省しているようで、守れなかったことについても後悔している様子。

そんな彼女を支えるのが、大手芸能事務所Kの会長、中国の大手総合免税店のラオックスのオーナー夫妻である。

 

12月31日に中居ら4人と森且行が慰労会を行った、六本木の『炭火焼肉An』は堺正章さんのプロデュースで、『K』の会長も関係しています。『ラオックス』とは’11年に開催されたSMAPの北京コンサート以降、Iさんがパイプを作ってきました。現在、彼女は同社での仕事を受け持ち、また新事務所のために10億円の資金を用意していると聞きます」(芸能プロ関係者)

 

I氏は、新事務所設立のためおよそ10億円もの資金を用意しているというのだ。

そんなI氏について、ジャニー社長は意外にも「容認」姿勢だという。ジャニー社長自身も、強くSMAP再結成を望んでいると言うのだ。

 

中居正広もまた、I氏の傘下で個人事務所を設立しようと企んでいるらしい・・・

関係者もこう話す

 

6月にIさんが設立する新事務所の傘下という形で、中居が個人事務所を立ち上げるというのです。野球場のネーミングライツも所有する大手企業がスポンサーに名乗り出て、1億円の投資が検討されているそう。中居もまた51%以上、1億円を超える出資をするといいます。いちばん稼げるだけに、個人で請け負ったほうが都合がいいのでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

 

ジャニー社長とメリー副社長が退く際、恐らくジャニーズ事務所は大きく変化する。幹部も一新され、今あるグループのいくつかはなくなる・・・事務所を辞める人も出てくると予想されている。

そんな折に、中居はSMAPの再結成を目論んでいるのだ。

 

個人遺産数十億円とも言われる中居だからこそ為し得る技なのかもしれない。

 

▼次のページへ▼
▼今注目の記事▼






▼スクロールでみんなのコメントチェック▼
↓この記事を読んだあなたにオススメ↓