歌手の西野カナ(27 )が激変!?劣化!?地味になってしまった服装が物語る彼女の心境の変化とは・・・


昨年末に日本レコード大賞を受賞した西野カナ(27)。ファッションアイコンとして女性ファッション誌などで活躍していた彼女であったが、近年ファッション誌などでもインタビュー記事のみ・・・ファッションアイコンとしての役目を石原さとみ小松菜奈ローラ

に譲る流れにある。

ではどうしてファッションアイコンの座を譲ることになってしまったのか・・・

 

西野はデビュー当時(2008年)、ぽっちゃり体型であった。そこからヒット曲を連発していた2012年にかけ、ダイエットに成功した過去がある。それからは金髪にし、一時期はきゃりーぱみゅぱみゅを彷彿させるかのような服装もしていた。この時から、彼女は徐々にファッションアイコンの座を確立させていく。と、同時に出す曲が次々とヒットし、彼女の絶頂期であったと言える。

 

が、しかし・・・・

 

そんな彼女であったが昨年から服装や髪型が激変する。

 

なぜそんな激変してしまったのか、それは彼女の熱愛に関係している。

昨年スクープされた自身のマネージャーとの交際だが、すでに半同棲状態だという。そんなマネージャーに釣り合うべくハイトーンであった髪を暗めのトーンにし、服装もガーリー系から落ち着いた大人系に変えたみたいなのだ・・・

ハイトーンの髪にガーリー系の服装が彼女のトレードマークであっただけに路線変更により女性たちの指示が下がっているみたいである。

しかし、彼女は海老蔵似のマネージャーとアツアツらしく、彼が落ち着いたスタイルを求めるのであればそうしてしまうのだろう。

以前も、彼女はガーリー系が強くなった服装や、ギャルっぽさが強くなった服装などコロコロ変えてきた。そのたびに「また違う男に乗り換えたのか・・・」と噂されていた。付き合う男性の好みに服装や髪型を変えるのが彼女のタイプらしいのだ。

しかし、恋愛をするたびに系統を少しずつ変えてきた彼女だが、今回は大幅な路線変更に、事務所もファッション雑誌の関係者も驚きを隠せないみたいである。

 

「確かに暗い髪は男性ウケするし、同性からも親近感が湧いて良いと思います。しかし、地味になり今では若い子たちの間で話題にすら出なくなりましたよ。」

 

と、某スタイリストは明かす。

 

これから彼女がした路線変更が吉と出るか凶と出るかは・・・わからないが(笑)
彼女の『リア充』キャラがもっと露見すれば世の中の『リア充女子』たちが共感し、またさらなるファン層を広げられそうである。

▼次のページへ▼
▼今注目の記事▼






▼スクロールでみんなのコメントチェック▼
↓この記事を読んだあなたにオススメ↓