視聴者は求めていない!?フジテレビ月9の存続危機を救うのはやっぱりジャニーズだった?


2月1日放送の情報番組「バラ色ダンディ」(TOKYO MX)内で生放送アンケートを実施・・・

そのアンケートの内容とは

「フジテレビの月9はなくなってもいいですか?」

そのアンケートに対して視聴者がリアルタイムで回答!!!

その結果が驚きであった・・・

 

なんと、なくなってもいい派9割で、なくならいでほしい派1割

という結果になったのだ。

 

これは、月9に問題があるのではなく、フジテレビに問題があるからだとみる関係者・・・

 

と言うのもフジテレビは2011年に『韓流押し』騒動という韓国ドラマを他局より多く流したり、韓国俳優を多く起用したりすることが問題視され、さらには韓国寄りのニュースを多く放送し、そのことが高岡蒼甫のツイッターで露見し、物議を醸したのだ。

 

そんなフジテレビを毛嫌いする視聴者が増え、それ以降フジテレビ自体の視聴率が落ちているらしい!!!

 

そんなフジテレビの1月~3月クールの月9ドラマ

「突然ですが、明日結婚します」

これは事務所のゴリおしにより人気なのか人気ではないのか微妙だと言われている西内まりやと初演技に挑むflumpoolのボーカル山村隆太のダブル主演ドラマだが、そもそも山村隆太は当初全くキャスティング案に出ていなかったと言うのだ!!!

と言うのも、主演を頼んだ竹野内豊降板!!!してしまったというのだから驚きだ。

 

いや、でも竹野内も視聴率がとれないドラマに出ても自分の経歴に泥を塗るだけだと判断したのだろう、だとすれば賢明な判断である。

 

そのかわりに抜擢されたのが演技未経験の山村であった。

抜擢というか、「仕方なく選んだ」と言ったほうがいいのかもしれない。

そこまでしてでも月9をやめようとしないフジテレビは何を考えているのだろう・・・

 

最近では、フジテレビ社内でも月9は視聴率8%いけば上出来と言われているほど落ちぶれてしまっている・・・

 

そんなフジテレビ月9の起死回生!!!ともいわれているのが次のクールである。

起死回生とまで言われている4月クールのドラマは・・・

 

なんと!!!

 

相葉雅紀が主演のミステリードラマらしい!!!

 

そもそも2015年の月9の4月クールで相葉雅紀は「ようこそ我が家へ」というミステリードラマの主演を演じた。高視聴率だったこともあり、またそのドラマを放送するのだろうか・・・

新しい脚本でドラマを作るより人気があったドラマの新しいストーリーをつくるほうが視聴率はとれると考えた制作側の判断は吉と出るのか凶と出るのか・・・

 

また、その相葉のドラマの次はなんと木村拓哉の起用も考えている。

 

結局はジャニーズ頼みなわけだが、そもそもキャストの問題ではなく脚本家の質が問題なのではないか・・・

また、トレンディドラマの時代は終わっているのに、トレンディドラマを未だに引きずるフジテレビ側に問題があるのではないか。

 

多くの業界関係者がフジテレビから少しずつ遠ざかっている現状は見逃せない・・・

▼次のページへ▼
▼今注目の記事▼






▼スクロールでみんなのコメントチェック▼
↓この記事を読んだあなたにオススメ↓