タレントの清水良太郎と俳優の遠藤要が仲良く違法賭博・・・?常連だった池袋の違法賭博店とは!!


俳優の遠藤要が、当面の間謹慎することを発表。

 

と言うのも遠藤と清水アキラの息子であり自身もタレントとして活躍する清水良太郎が池袋の闇カジノ店に出入りしているとフライデーにスクープされたのだ。フライデーでは、彼らがバカラをやっている写真を掲載。確かに本人たちに間違いなかった。

 

この店では、現金をチップに替え実際にチップをまた換金できるシステムの違法賭博店だ。

 

遠藤や清水は、店に入ると真っ先にバカラ台へ・・・

そして時間が経つにつれ彼らはヒートアップしていったと言う。

 

通い慣れた様子の2人だが、遠藤や清水は

「闇カジノだとは思わず店に入った」

と話していると言う。

 

また、遠藤が謹慎になったのは、清水の身代わりであったとネット上では密かに噂されている・・・

遠藤は、俳優業の傍ら自身の飲食店も経営している。そのため俳優業としての稼ぎがなくてもやっていけるのだ。

そんな遠藤を身代わりにした清水は、2世タレント・・・父親が芸能界でも名の知れた人物・・・いろいろな手をつかって自分の息子を守ろうとした結果ではないのか・・・

 

また、彼らは「闇カジノと知らずに店に入った」と話しているが、目撃者によれば

闇カジノというのは、警察の摘発から逃れるため、よく場所を変えるという。また、出入りする客のほとんどが『会員』であると言う・・・このことからもわかるが、2人が「闇カジノとは知らずに・・・」と言うのは真っ赤なウソということになる。

会員ならば、どんな店なのか知っているはずだ。

 

また、清水は遠藤のことを「アニキ」と呼んでいたらしく、周りも遠藤が先輩なのだとすぐわかるほどの様子だったらしい。

清水のSNSにも、スクープされた日とされる写真が残っていた。

このときの写真に写る遠藤の服装がスクープされたときと全く一緒のものだったのだ。

 

しかし、ネット上ではこの2人が『はめられた』という噂もある。

 

以前、市川海老蔵や高畑裕太もはめられたのではないかとされてきた。そのたぐいのスクープではないかという見方をしている人もいるが、真実は果たしてどっちなのだろう・・・

 

▼次のページへ▼
▼今注目の記事▼






▼スクロールでみんなのコメントチェック▼
↓この記事を読んだあなたにオススメ↓